PKSHA Communicationマガジン

PKSHA Communication(パークシャ コミュニケーション)のメディア。ナレッジに向き合う人や想いにフォーカスして、チーム作りや組織経営のヒントになる情報を発信します。
    • ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に

      誰に言うわけでもない、当たり前に「知ってる」情報が、会社や組織の新しい価値を生み出すことがあります。ところが、個々が持つ知識やノウハウを集結・共有せずにビジネスチャンスを逃していることも多いのではないでしょうか。会社や組織の成長に欠かせない「ナレッジマネジメント」について、一緒に考えてみませんか?(運営:株式会社PKSHA Communication)

「大阪のおばちゃんの飴の所持率は?」 多様な質問への調査プロセスを全国で共有、図書館のデータベース活用術

株式会社PKSHA Communication(パークシャ コミュニケーション)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、み…

かっこつけずに、理解しやすい言葉を大切にする。PRAZNAアライアンスマネージャーが考える「ナレッジマネジメント」の出発…

パートナー営業(代理店営業)といえば、担当するパートナー企業と長く付き合い、深い信頼関係を築いていく仕事としてイメージする人も多いのではないでしょうか。しかしPR…

ナレッジはストックすると会社の財産になる――PRAZNA営業チームが社歴関係なく活躍できる理由はナレッジにあった

株式会社PRAZNA(プラズナ)は、製品「OKBIZ.」シリーズのFAQシステム・AIチャットボット等を活用した企業のナレッジマネジメントを支援しています。他社のナレッジマネジ…

廃業寸前から人気旅館へ。負債10億を抱えた老舗旅館「陣屋」のピンチを救ったDX経営とナレッジマネジメント

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第8回は、…

YAMAPが実践した、カオスなお客様対応から脱却するナレッジマネジメント

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第7回は、…

情報発信力で注目を集めるベイジ。「ナレッジを言語化する」文化を根付かせた背景

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第6回は、…